本文へスキップ

 下村歯科クリニックは、義歯ブリッジが得意。西新橋ー虎ノ門で最も長い伝統実績の歯科医院です

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3501-9842


〒105-0003 港区西新橋1-11-8
安井ビル1階
下村歯科クリニック

治療方針policy&FAQ

コンピューターによる精密な画像診断 下村歯科クリニックでは、歯をなるべく抜かずに残す「歯に優しい治療」(歯の医者)を目指しています。虫歯が進行して歯肉の上の構造が殆ど崩壊消失してしまっている状況でも、歯のぐらつきがひどくなければ、種々の支台築造技術を駆使して歯を残し、抜歯を回避できる場合があります。1本でも歯を多く確保できれば周囲の歯槽骨の量が保たれ、顎提の幅と高さを維持できるので、その後の咬合咀嚼機能の改善(ブリッジにせよ、義歯にせよ)に大きなメリットが得られます。逆に、歯を失った顎提はその後の機能改善に大きな期待が持てません。私共は、患者様のお口の中を拝見した時点での、諸要素(残存歯数、位置、個々の歯の骨植[ゆれ具合]顎提の幅、高さ、前後左右の一口腔単位のバランス等)を踏まえて総合的な判断を下し、患者様にとってどのような装置を選択するのがベストかを決めて、治療して行きます。顎全体に及ぶブリッジから、部分入れ歯とブリッジの混合,総義歯に至るまで,豊富な経験,症例数を誇る下村歯科にお任せ下さい。また、審美面や金属アレルギー防止の観点から、金属を使わないセラミック冠やブリッジも可能です。それらと金属の維持装置(特に金属のバネ)が見えない入れ歯を組み合わせる事で機能、審美両面を備える、すばらしいお口元も実現できます。歯並びの乱れも連結冠やブリッジの活用で,矯正をせずに修正できる事も多いので是非、ご相談下さい
治療の流れについて
初診.問診 : 問診票に基本的な事項を記入して頂き、お口全体の診査を行います。
現症、その既往関連全身疾患、アレルギーの有無など、お伺います。
カウンセリング、治療計画の立案: 診療に関わる、様々なご希望などお伺いします。 咀嚼機能の回復改善達成時(治療終了時)の具体設計(歯冠修復、冠、ブリッジ、義歯その複合など)の提案と材料、期間、費用(保険診療、自由診療の選択)等のご提示。
治療: 治療治療 治療計画にのっとり、スケジュールを決めて診療していきます。   
                              ページの先頭へ

下村歯科クリニック下村歯科クリニック

〒105-0003
東京都港区西新橋1-11-8
 安井ビル1階
TEL 03-3501-9842



copyright©20XX ShimomuraDental Clinic all rights reserved.